2020年07月26日

雪ノ下と野蒜の花

4連休最終日、今日も降ったり止んだり、照ったり曇ったりの一日でした。
家の中でじっとしている分には暑くは無いので助かりますが、湿度は高くて
過ごしにくいです。昨日と一昨日、ちょっと頑張りすぎました。今日は家で
おとなしくしています。結局ずっと雨降りで、多くの人がStayHomeしてたん
じゃないかな。感染、広がりませんように。どちら様もお気をつけ下さい。

記事の方は5/24に撮った写真。近所の公園へ行こうとして、まず、家のそば
でユキノシタのお花を撮って、

200726_yukinosita1.jpg

公園や向かう道で更にノビルのお花を撮って…って言う感じです。






ずっと、隣町の公園裏の北向きの斜面で大群落のユキノシタを撮ってきたの
ですが、忙しくなって隣町まで行かれなくなっているうちに、あちらの事情も
大きく変わり、大群落は無くなってしまいました。それでもユキノシタ自体は
そこそこ人気のお花で、個人の庭にも植えられます。

200726_yukinosita2.jpg

そんなわけで最近は、自宅近くの勝手花だんで勝手に咲いてるお花を、勝手に
撮らせて頂くことになってます。

2020/ 7/15付 「山野草の花だん」 5/17撮影

結構ね、花数が増えてきましたよ。イイ感じ。

200726_yukinosita3.jpg

ユキノシタ科も個性的なお花が多いけれど、代表のユキノシタのお花も唯一
無二のデザインですよね。

200726_yukinosita4.jpg

どうして上の3枚としたの2枚の花びらをこんなに大きさが違うように開こうと
思ったのかなぁ。綺麗だから良いけどね。
そうそう、前回アップにしたお花が、珍しく逆さまに開いたお花だって、気づき
ました? こちらの咲き方が普通ですよ。



根元のコツボゴケも更にふかふか。

200726_kotubogoke1.jpg

この日も水玉付き放題だったけれど、ちょっと濡れていない葉っぱもあったので

200726_kotubogoke2.jpg

葉っぱの質感が良く解る様にもう一度載せてみます。木の葉と同じ形だけれど、
半透明なのね。



それからこちらはハクチョウゲ(白丁花)。アカネ科の常緑小低木。故郷は沖縄。
この株のように葉の縁に白い模様の入った斑入りハクチョウゲなどは園芸品種
として、街中でも良く植栽されるそうです。

200726_hakutyoge1.jpg

白い花の咲く、小さな木です。

良く枝分かれするので、故郷の沖縄では生け垣に利用されるそうです。

200726_hakutyoge2.jpg

小さくても、お花は凝ったデザイン。ほんのり紫色を帯びることもあります。
可愛いです。



さて、すっかり緑の濃くなったイチョウの木を見上げて、さらに先に進みます。

200726_ityo.jpg

今日は公園で何のお花が見られるかなぁ。



生け垣のネズミモチはまだつぼみの方が多いけれど、

200726_nezumimoti1.jpg

どこかに咲いているお花は無いかな?

探しながら歩きます。

200726_nezumimoti2.jpg

おお、有った有った、ネズミモチのお花、咲いてたよ。ほんのり良い香りも
します。これから次々咲いて、しばらくは賑やかだね。


高いところでは、前回も載せたヤマボウシがまだ花を咲かせていました。

200726_yamabosi.jpg

なんの加減かほんのり赤くなって居るのもあります。綺麗だな。



それから、お花も撮ったヤマザクラ。

200726_y_zakura.jpg

赤い実が出来ていました。これも黒っぽく見えるようになった頃が食べ頃で、
これを食べた鳥が、自宅の物干し場に飛んでこないことを願っちゃうような
実になります。人が食べても渋いだけ…らしいですよ。



途中の道ばたでは、カラスムギがタネを落として、白いカラばっかりになって
居ました。

200726_karasumugi.jpg

道ばたのムギの仲間に実りの秋が来る季節、差し詰め'道ばたの麦秋'です。



ムギの仲間の他には、ノビルの花の穂。

200726_nobiru1.jpg

これ、赤いのがムカゴで、タネじゃ無いけれどタネのようにこぼれ落ちれば
芽を出します。それから白っぽいのはつぼみで、お花が咲いて虫を呼びます。
ノビルは条件によって、ムカゴだけ、つぼみだけの他に、両方って言う咲き
方もします。臨機応変だねぇ。

ちょっと先の草地にありました。つぼみだけのノビルの花の穂。

200726_nobiru2.jpg

つぼみの時点ですでに綺麗ですけど。咲いたらもっと綺麗なので、毎年ねらい
ます。でも、うまく撮るのは難しいんですよ。どこかに咲いているお花、有る
かな?



ニワゼキショウは相変わらずですね。もう、ファミリー感出しちゃってみんな
で元気に咲いてます。

200726_niwazekisho1.jpg

赤花、白花。同じ種類なのにこんなに印象の違うお花が咲くんですね。
ちなみにそばで枯れてるのはオランダミミナグサの実の殻。多分、どっさりタネ
をこぼした後です。

最近、ニワゼキショウも公園の芝生からこの道ばたへ群生地をシフトさせて
居るような気がします。

200726_niwazekisho2.jpg

だって、ほら、この白花の数。すさまじいなぁ。

でもってこちらは赤花の方。

200726_niwazekisho3.jpg

まん中へんにオオニワゼキショウの一回り小さいお花が咲いてます。名前に
似合わない小さな花です。



またちょっと歩いて、道ばたの草地をキョロキョロ。あ、ノビルの花。

200726_nobiru3.jpg

こちらはムカゴとつぼみのセット、お花が1つ開いていました。
お花だけの穂を探してるんだけどなぁ。



今までも咲いて居たけれど、これからもずっと、秋が深まるまで咲き続ける
アカバナユウゲショウ。南米原産、アカバナ科マツヨイグサ属の多年草。

200726_a_yugesho.jpg

ご一緒してする、3枚ワンセットのちょっと細長くてとがった葉っぱは、
アレチヌスビトハギの幼植物です。昔の漫画の宇宙人みたいなお顔の花が
咲く、北米原産、マメ科の帰化植物です。


それから…つぼみがうなだれちゃっているけれど、さすがにこれは
ヒメジョオンですよね。一緒に咲いていたハルジオンはもう、綿毛を
飛ばして枯れちゃいましたもの。

200726_himejoon.jpg

これから秋が深まるまでずっと道ばたで咲いて居ます。こちらも北米原産。
明治時代から道ばたで咲いて居ますもの、もうすっかり日本の風景に溶け込ん
じゃいましたね。



それからこちらはヘラオオバコの花の穂。

200726_heraoobako.jpg

そろそろ終わりかけのお花が多くなってきましたが、このおしべの葯が
花の穂をぐるりと取り巻いているところが可愛いですねぇ。



公園の入り口が見えてくるあたりで、1つだけお花が咲いて居るノビルを
見つけました。

200726_nobiru4.jpg

やっぱり綺麗よねぇ。撮るの難しいけど。ノビルのシーズンはまだ始まった
ばかり。今年も会心の作ねらって、頑張るわ。



この記事最後はマメグンバイナズナ。

200726_m_gunbai_n1.jpg

冬越し中のちっちゃい葉っぱが並んだ姿からずっと見て来たけど、この日
たくさんお花を咲かせていました。

北米原産、アブラナ科マメグンバイナズナ属の2年草。

200726_m_gunbai_n2.jpg

日本のグンバイナズナよりずっと小さい実を作るお花は、ものすごく小さくて
カメラにおさめるのが難しいです。お花を撮ったら後がみんなぼやけるって
言う小ささですよ。図体はでかくもなるけどね。


さぁ、いつもおさんぽしている公園も目の前です。この日は何を見たんだっけな。
あの花この花咲いたかな?良かったらまたおつきあいくださいませ。



posted by はもよう at 22:33| Comment(2) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はもようさん、こんにちは。
関東の方はあまり気温が上がっていないようですが、
こちらは蒸し暑くってたまりません。
ほんとに早く梅雨明けしてほしいです。
でも梅雨明けして本格的に暑くなるのは
つらいなぁ・・

たしかにノビルはムカゴだけだったり、
ムカゴと蕾や、そこからお花が出てたりしています。
臨機応変に変化しているのですか。
お花だけもあるのですか。
知らなかったです。

あのカラスビシャクのへそくりも面白いです。
掘り出した球根が栗に似ていて、
おへそのようなへこみがあるんですね。
うまく名前を付けはりました。
それが語源となっていまもつかわれているなんて、
すごいですねぇ
カラスビシャクを見つけたら
掘り返してためておきたくなりそうです。
最近めっきり見なくなりましたけど・・
Posted by ブリ at 2020年07月30日 11:16
ブリさん、こんばんは。

こちらも蒸すけど、気温は上がらない日も多いです。
動くと汗だく、冷えると寒い…の連続もなかなか不快です。
ここ数日は湿っぽくて涼しいので、このまま夏にならないのかなぁって
思うようです。
ブリさんのとこ、梅雨明けはまだですか?西日本の蒸し暑さは
関東の比じゃ無いって、遙か昔、関西出身の同僚が言ってました。
ブリさん、是非、お大事に。

ノビルは好きな花なので、毎年、お花だけの株を探します。
たまにしか見つからないので、お宝画像です。(^^*)

カラスビシャクとへそくりの話、面白いでしょう。
昔の人の暮らしぶりが伺える話 ♪ 好きなんですよね。
せっせと貯めたへそくりで、何 買ったんでしょうねぇ(^m^)。

Posted by はもよう at 2020年07月30日 18:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: