2020年08月05日

道ばたの雑木林のその後

今日からお盆休み明けくらいまで、危険なレベルの猛暑だそうですよ。気をつけ
ましょう。それでも今日は、隣町までおさんぽに行ってきました。汗だくでした
が、そこそこの収穫がありました。いずれまた、整理出来ましたらご紹介します。
そういえば、今日、ツクツクボウシの声まで聞いちゃいました。梅雨明けした
とたんのセミオールスター勢揃いですよ。いやぁ、賑やかだこと。頑張って鳴い
てねぇ。

記事の方は6/3に隣町まで行ってきたときの写真から、道の途中の雑木林。
寿命の尽きた木があったのか、台風で倒れたのかは解らないのですが、去年、
様相が一変するくらいの伐採と草刈りがあって、今年はちょっと迫力不足。
でも、まぁ、前が開いて奥の方がよく見えるようになったと、新しい景色を
記録しておこうかなと思いました。

200805_zokibayasi1.jpg

道ばたの雑木林、ケヤキも葉っぱが茂ってすっかり夏姿です。




フェンスにちょっと乗っかっていたノイバラ、お花の頃はまだかわいげもあった
けど、

200805_noibara1.jpg

お花が終わったらもう、爆発した?って言うくらいに枝を伸ばして…

200805_noibara2.jpg

葉っぱだってこんなにごつくなって、あれ?これノイバラの葉?って思うほど。
これからますます伸びて茂る予定です。


背の高かった先輩がみんな伐られてしまったけれど、たくさん芽を出した
ヌルデのおチビちゃんたち。

200805_nurude.jpg

君らは成長早いから、あっという間に元通りに生えそろいそうだね。



さてさて、手前のミズキだのクサギだのがごっそり伐られたその奥の景色です。

200805_zokibayasi2.jpg

雑木林の中にぽっかり入り口が開いていて、車の通った跡があります。
古びた街灯の柱が1本立っています。ここにどんな歴史があったのかなぁ。

200805_zokibayasi3.jpg

今でも、管理や見回りの車が、年に何度かは通るみたいですよ。
絶妙なカーブが好奇心をそそりますねぇ。でも、立ち入り禁止です。


道路と入り口の間に、切り株から復活したキリのひこばえがこれだけ伸びて
居ました。キリも成長の早い樹木です。

200805_zokibayasi4.jpg

さてさてここから1年でどこまで盛り返すかな?伐られたのも、芽吹いてそう
何年も経っていない若木でしたもの。

謎の入り口の向かって左側。
桜やミズキ、コナラが立ち並んでいます。太い幹にはテイカカズラやキヅタが
洋服でも着ているかのようにびっしり絡み付いています。

200805_zokibayasi5.jpg

手前には、最近あっちこっちに芽を出しているシュロの若木も見えますね。

謎の入り口の向かって右側。

200805_zokibayasi6.jpg

こちらの方がバリエーション豊か。入り口の柱のように見えるのはミズキの幹
です。レトロな街灯の隣は葉軸が赤いユズリハです。その奥は、拡大すると
ヒノキとスギが立って居るのが解ります。それからムクノキ。一番端には
イロハカエデも枝を伸ばしています。低いところには葉っぱの小さい常緑樹が
あるのですが、ヒサカキかイヌツゲか、もしかしたらイボタノキかもしれま
せんが、判別出来ません。

伐られ残った大きなミズキを眺めつつ、もうちょっと進みます。

200805_mizuki.jpg

この先はほぼ手つかず。大きなクサギも残っているので、このあと咲くお花も
楽しみです。

定点観察している空き地です。

200805_akiti1.jpg

枯れ野にノイバラの陣地が広がってましたが、今はススキの原になって居ます。
このあと、我こそはと思ういろいろな葉っぱが激しい勢力争いを繰り広げる予定
です。でも、この日は奥の木立に目をとめました。特に白矢印のあの木。

これです。

200805_outi1.jpg

このサイズじゃ、何の木だか解りませんよね。これ、オオチです。または双葉から
芳しく無い方のセンダン。

カメラ精一杯の望遠で撮ると…

200805_outi2.jpg

花盛り!!あらま、これから行く道の途中にもあるし、公園にも立っているから、
写真を撮らないといけませんね。今日の目標が出来ました。

あ、空き地のアップも載せておきます。

200805_akiti2.jpg

クズの葉とススキの葉が多いかな。さてさて、今年は誰が天下を取るのかな?



道を渡って反対側。とある施設の裏の方。表から、日陰へ回り込んじゃった
お花を、こっそり撮ってきました。あ、エビヅルのつるが下がってきてる。

200805_satuki1.jpg

日陰が好きだなんて、サツキじゃ無いですかね。

この間、植木屋さんに聞いたんです。山に咲くのがツツジで、沢に咲くのが
サツキだって。

200805_satuki2.jpg

日焼けを気にする美人なんですよ、たぶん。ほんのり縁が濃いお花の色が
素敵ですね。表の目立つところに植栽されていたけれど、そちらの株は
あんまり元気が無いのに、薄暗い木陰の株はとっても元気です。



さらに進んで、また別の施設の外、花だんのはずれにうっかり芽を出した
ホタルブクロ。

200805_hotaru_b.jpg

今日ね、隣町の公園裏の北向きの斜面まで、ホタルブクロを見に行くんですよ。
咲いていると良いな。

更についでに、ノビルまで咲いて居たので、有難く一枚撮らせて頂きました。

200805_nobiru1.jpg

綺麗だなぁ。紫のラインが良いですよね。




まず、一つ目のオオチは咲いて居ませんでした。公園の中の株に期待します。
でもって、次に目をとめたのはこれも定点観察しているアオギリです。

200805_aogiri.jpg

大きな芽吹きがあって、葉っぱが座布団くらいに大きくなったら今度はお花の
準備です。これ、花芽ですね。アオギリのお花はちょっと変わって居るんですよ。
今年も見に来ないとね。



道ばたの草に目をやると…あ、マメグンバイナズナの実がちょっと色づいて、
カラフルになって居る。

200805_m_gunbai_n.jpg

ほら、なんか可愛いでしょう。

あれ?ここのシロツメクサのところにも、ヤセウツボが咲いたあとがある。

200805_y_utubo1.jpg

マメ科の植物にも寄生するって書いてあったものねぇ。そうか、咲いてたのか。
見に来れば良かったな。

200805_y_utubo2.jpg

この間公園で見たのは紫のお花が咲いて居ましたが、これはもうすっかり
終わっちゃって枯れていますね。また来年、覚えていたらチェックしに来よう。


草むらでひときわ目立つピカピカの葉っぱは、ガガイモです。

200805_gagaimo.jpg

なんかねぇ、ガガイモ科の葉っぱって好きなんですよ。好きだと草むらに
どんなに葉っぱが茂っていても、目に付いちゃうんですよ。真夏に咲く
毛深いお花も見たいな。晩秋から冬の枯れ野で、綺麗な綿毛を飛ばすおイモ
みたいな実も見たいなぁ。



公園に近い方の道ばたの雑木林。周りに生えている樹の幼樹がたくさん育って
いて木の幼稚園のよう。

200805_zokibayasi7.jpg

でも梅雨時を過ぎたら、人の背丈よりも大きくなるような大型の草でおおわれる
予定です。

そんなところで、日陰のノビルを発見。

200805_nobiru2.jpg

光線が違うと印象が変わるなぁ。この時ちょっと日陰なだけで、ずっとじゃない。
でないと、ノビルは育てないもの。頑張れ。


この記事ラストはでっかいケヤキ。

200805_keyaki1.jpg

最近ちょっとずつ仲間が減っているんです。これだけ大きいケヤキはおいそれと
伐って欲しくは無いんだけれど、ちょっと、区画整理とか、道路拡張とかそんな
気配がするので不安です。

200805_keyaki2.jpg

でっかいケヤキ。折角ここまででっかくしたんだから、なんとか残してもらえます
ように。あたし、ここの住民じゃ無いけど(^^A)。



さて、次の記事ではいよいよ隣町の公園に着いて、いろいろ見て回ります。
とりあえずは、木の花をいくつかチェックします。良かったらまた、おつきあい
くださいませ。



posted by はもよう at 18:10| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: