2020年08月10日

定家葛と大常葉露草

今日も暑いです。朝の涼しいうちにと思って近所の公園へ行って来ましたが、
見るものもあまりなく、セミやチョウチョまで撮ることになりました。
難易度の高いツクツクボウシを見つけられたのが、自分の中では収穫ですが(^^A)
あとは家のことを片付けましたが、ちょっと動くとすぐに汗だくになって
しまうのでたいしたことは出来ません。熱中症厳重警戒中だそうで、公園を
さんぽする人たちも、人の少ないところではマスクを外して深呼吸したり、
水筒持参で水分補給したり、気をつけていましたよ。3連休もこれでおしま
い。お盆休みは無いので、明日からは普通に働きます。あんまり暑くなりま
せんように(>人<)。


記事の方は6/3のおさんぽの続き。隣町の公園を歩いてきてどんぐりの林で
可愛い赤ちゃんのお顔を見たので、

200810_teika_k1.jpg

今度は、精力的に生い茂るつる性植物のお花を見に行きましょう。





ドングリの林の反対側はこんな景色。素敵な緑でしょ。

200810_kona_aoh.jpg

丸い葉っぱの木はアオハダ。灰色の樹皮、緑色がかって見えるかな。

200810_aohada.jpg

しっかりしていて瑞々しくて、私、いつもアジサイの葉っぱを連想するんですよ。

でもって後ろのしま模様の樹皮の木は…

200810_konara.jpg

ドングリの林の2大スターのひとり、コナラです。この日は低い枝が見当たら
なくてどんぐり赤ちゃんを見せてもらえませんでしたが、コナラは1年で実る
どんぐりなので、ちょっと寸詰まりのコナラどんぐりが見られたはず。



その先の一画は、すべての木の幹にテイカカヅラが巻き付いているエリアです。
うっかりしていると大きな木でも引き倒されちゃう勢いではびこっています。

200810_teika_k2.jpg

テイカカズラの旺盛な繁茂力。最近は、街中緑化でよく見かけますが、きっと、
良い仕事すると思います。

キョウチクトウ科テイカカズラ属の常緑つる性植物。手元の図鑑だと樹木の
方に載って居ます。

200810_teika_k3.jpg

お花は白く咲いて、黄色っぽく色変わりするスクリューみたいな形のお花。
ジャスミンのような良い香りもしますよ。

そういえば名前の由来も、お能の1つで、亡霊となって現れた内親王が
旅の僧侶に、死後も衰えぬ定家卿の思いを断ち切ってくれと頼むシーンで
墓石に絡みついていたという伝説からとられたと言われているそうですよ。

200810_teika_k4.jpg

そのあと、ほぼ引きこもりの和歌オタクだった定家卿が、10も歳上でひと目
見たくらいの内親王にそんなに思い入れるかしらと疑問を呈した定家フアンの
記事も読みましたけどね(^m^)。

定家卿の怨念かどうかは別として、ものすごい勢いで絡みつくつる性植物で
あることは間違い有りません。

200810_teika_k5.jpg

エリアの中央にそびえる大木の幹を望遠で撮ると…このくらいびっしり茂って
花を咲かせています。この花の形からは思いも寄らないかも知れませんが、
実は細くて長い、インゲンみたいな豆のさやのような実なんです。しかも、
割れると中から、豆じゃ無くて、綿毛の付いたタネが出てくるんですよ。
そこまで全部撮れると良いな。



その先に有るのは、今年お花を撮りそびれ、下の道ばたに有った株はほとんど
虫に食われ、何だかご縁の無かったサワフタギ。

200810_sawafutagi.jpg

来年こそは、白い素敵なお花を見に来ます。青い実が付いたらそれも見たかった
けれど、この日、のぞいて見た感じでは…無かったかなぁ。



そばの茂みで咲いて居たのは、まだ咲いていたのかと驚いたスイカズラ。

200810_suikazura1.jpg

咲いたばかりの白いお花。

200810_suikazura2.jpg

まだまだぜんぜん、やる気です。



公園の裏門に通じる谷を目指して、斜面を下っていきます。
途中にあるのはムラサキシキブ。

200810_m_sikibu1.jpg

初めて名前調べをした、つきあいの長い株です。

向かい合って付く葉っぱの付け根にある粒々は、実では無くて、花のつぼみ
です。

200810_m_sikibu2.jpg

葉っぱ、来年の芽、花の茎、みんな同じ所からお行儀良く出てくるのが
ムラサキシキブ。良くお庭にも植えられるコムラサキシキブはこの辺が
ルーズ。葉と花が一緒だったり、別だったり、一定しません。野趣あふれる
お山のムラサキシキブだけれど、お庭のコムラサキシキブより、きちんと
しているのって面白いでしょう。

今にも咲きそうなつぼみを見つけました。

200810_m_sikibu3.jpg

紫色のお花が咲くのはいつになるかな?また来週も見に来ないといけない
かな?



斜面を下って振り返り、今、来た道を撮りました。

200810_zokibayasi1.jpg

リョウブの大きな葉っぱが目立ちます。これから緑がますます濃くなって、
あれこれ楽しみな雑木林です。



公園の裏門に続く谷に、白い花が咲いて居ました。

200810_o_tokiwa_t1.jpg

オオトキワツユクサですよね。または、シラフツユクサ(白斑露草)の斑が
消えたもの。

名前のややこしい話は ↓ 過去故事で。

2019/ 9/ 1付 「街で見る花」 6/1撮影

過去記事に載せた実家の庭の花は、私が草むしりしてほとんど咲かなくなっ
ちゃったけれど、ここに咲いて居たのね。

200810_o_tokiwa_t2.jpg

トキワツユクサ(別名ノハカタカラクサ:野博多唐草)より大柄で、

200810_o_tokiwa_t3.jpg

花の柄などに赤みが差さないのが特徴。
斑入りの園芸種が逃げ出して、野生化したもののうち白い斑が消えたもの。

200810_o_tokiwa_t4.jpg

そういえば、この、おしべの周りのもしゃもしゃって、花粉散布にどういう
風に役立っているのかなぁ。まさか、ファッションじゃ無いよね。



さて、ここで裏門をでて、谷の方へ。

200810_mukunoki.jpg

以前のおさんぽでは、ここで必ずムクノキにもたれかかって上を見上げて
いました。今年も、良く茂っています。



谷の全体像はこんな。

200810_zokibayasi2.jpg

木が途切れているあたりに公園の裏門があります。秋はイロハモミジが
きれいです。


道ばたにはヤマジノホトトギスが葉を広げていました。

200810_yamajino_h.jpg

可愛らしくて綺麗なお花が眺められるのは秋になります。



雨水が斜面の中を通って、しみ出している涸れ沢。雨の後くらいしか
水がありません。

200810_kaaresawa.jpg

この日は結構ありましたよ。小鳥がお水を飲みに来るので、鳥撮りさんが
長玉レンズを並べて待っていたこともあったけれど、最近は見かけません。



ここで、小さいお社にお参り。おさんぽの無事をお願いします。
降りてくると、ここにも

200810_k_bishaku.jpg

カラスビシャクの仏炎苞が、なが〜いひげ(?)を伸ばして咲いて居ました。

あ、フタリシズカ。もう咲いちゃったんだ。

200810_f_sizuka.jpg

あらまぁ、残念。それにしても、2人じゃ無くて、何人だこれ?
お花の穂が多いなぁ。静御前と亡霊の2人じゃ無かったの?亡霊多すぎ。
怖いわぁ。


ここでもう一度、空を見上げて、雑木林の木々のごあいさつ。

200810_zokibayasi3.jpg

大きいのはケヤキです。また来るね。夏の暑いうちは、ここの木陰がオアシス
です。
谷をでたら、いよいよ、公園裏の北向きの斜面。今回はホタルブクロを見に来た
んですよ。咲いて居るかな。良かったらまたおつきあいくださいね。



posted by はもよう at 16:24| Comment(3) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はもようさん、おはようございます。
もうノブドウがいい色になっていましたか。
早いですねぇ
きれいな色で好きな実です。
見に行かないといけませんが、足が前に出ません。
一歩出るとその勢いで動くかしらん^^

テイカカズラ、きれいですが、
ほんとうに大きな木を引き倒しそうな勢いで
伸びていきますよね。
もう少し絡んでいく方のことも
考えるといいのにと思うほどです。
春に林の中を歩くと、
テイカカズラの芽があちこちに出ています。
あの白髪のついた種がきっと飛んできたというか、
落ちてきて広がっていくんですねぇ
ハツユキカズラって、よく寄せ植えなんかに使われていますが、
あれもテイカカズラなんですね。
はもようさんにおしえていただいたようなきがします。
Posted by ブリ at 2020年08月12日 10:57
追伸
お盆はお休みなしで頑張られるのですね。
暑い盛りですから、どうぞご自愛ください。
Posted by ブリ at 2020年08月12日 10:59
ブリさん、こんばんは。

そうなんですよ。ノブドウ、早めに色付く株があるんです。
それでも今年は今までに無く綺麗に色付きました。
写真撮っていても嬉しかったですよ。

暑いですからね、おさんぽは暑さと相談で(^v^)、
ご無理なさいませんように。

テイカカヅラ、素敵ですよね。
本文でも触れましたが、最近、街中でも見かける機会が増えて
嬉しい限りです(〃▽〃)〜♪
街中なら、それなりに強度のあるネットにからんでいるので
安心してみていられますが、
生木にからんでいるのは、時々引き倒して惨事になっています。
本当に、絡まれる方の身になって、
ちょっとは加減してくれると良いのですが(^^;)。

春先の芽ね、うちの方でもたくさん見かけます。
綿毛の付いたタネはあんまり見かけないけれど、
芽はものすごい数出てきます。増えるわけですよ。

ハツユキカズラね。確か、去年だったか、
テイカカズラと同じ花が咲いたのを取り上げましたよね。
私もあれ見て驚きました。

そうそう、帰省しないんですもの。ちょっとでも稼いでおかないとね。
お盆休みはありませんが、感染症対策のおかげで、
お仕事は開店休業状態。楽してお金を頂いております。

ブリさんも、ご自愛下さいね。そちらはお盆でお忙しいかな。
ひどく暑いのも10日ほどでしょうから、それまでは暑さのせいにして
休養第一、健康第一p(^v^)qでお過ごしくださいね。
Posted by はもよう at 2020年08月12日 22:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: