2020年09月02日

ノハナショウブの花

二日ほど涼しい朝を迎えられたので、もう、熱帯夜は無いのかな?と思って
いましたが、今日の天気予報で、今夜はまた寝苦しいって聞いちゃいました。
残念です。今日は午前中は晴れ間ものぞいて暑かったので、ずっと出来なかった
窓周りの掃除をしました。でもって午後は雷雨。警報が出るほど降りましたが、
大事には至らなかったようです。夕方には止んで、すっかり蒸し暑くなりました。
西日本にやって来た台風も気がかりですが、更に強力なのが週末にやって来る
そうで、厳重警戒だそうです。うわぁ、気をつけよう。ベランダなど片付けて
おかなくちゃ。

記事の方は6/14のおさんぽの続き。白いお花をたくさん見たら、今度は

200902_nohanashobu1.jpg

ノハナショウブを見に行きましょう。







池のほとりに並ぶガクアジサイ。

200902_g_ajisai1.jpg

今年も青いお花が並びます。

200902_g_ajisai2.jpg

青く咲いて、お花が終わる頃には 

200902_g_ajisai3.jpg

ほんのり紫色に変わるお花です。



お隣のレンギョウの植え込みには、この時期、ナワシロイチゴが実ります。

200902_nawasiro_i1.jpg

ここにも、美味しそうな実がどっさり。

200902_nawasiro_i2.jpg

小鳥さんたちも楽しみね。



更に池のほとりを歩いて行くと、こんなか細い草があちらこちらに生えています。

200902_k_matuba_n1.jpg

北米原産の比較的最近やって来た帰化植物、キバナノマツバニンジン。
初めての出会いは13年前。やっぱり池のほとりに突然現れて、名前調べには
だいぶ苦戦しました。

2007/ 7/ 4付 「キバナノマツバニンジン」

アマ科アマ属の一年草。
過去記事の一部をコピペします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
亜麻は、作物として畑で栽培されましたが、いくつかの園芸種も作り出されてい
ます。これだけの美形なら花壇に植えたいですものね。
白いお花の「宿根アマ」、青いお花の「ペレニアル・フラックス」等がヒット
しました。
在来種は「マツバニンジン」という名で ピンクのお花が咲くそうですが、
数が減っていて、なかなかお目にかかれないようです。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

以前は結構一生懸命、お花を追いかけましたが、これ、午後の2時間くらいしか
咲かないんです。

200902_k_matuba_n2.jpg

今回はまだ撮っていません。このつぼみまで。撮れるかなぁ。



今回はヤマハギの植え込みの裏で撮りました。

200902_yamahagi1.jpg

表のヤマハギは、まだ梅雨が明ける前から咲いて居ます

200902_yamahagi2.jpg

秋の花じゃ無かったの?



池から離れて次のポイントへ向かう途中の草むらに小さな紫の花が咲いて
居ました。

200902_h_yaburan1.jpg

秋に咲くヤブランのお仲間、ヒメヤブランです。

ジャノヒゲサイズのヤブランですね。

200902_h_yaburan2.jpg

細い草の葉の影に隠れて咲くので、あまり目立ちませんが、

200902_h_yaburan3.jpg

お花はヤブランに負けない紫の可愛らしいお花です。




さて、池のほとりから人工の小川をたどって、毎年、ノハナショウブを眺めて
居るあたりへ。でも、今年はいつもの場所には芽を出しませんでした。どうし
ちゃったのかな。
ただ、小川の対岸に咲いて居たので写真は撮れました。

200902_nohanashobu2.jpg

ちょっとタイミングが遅かったし、川を隔てた分遠いけれど、

200902_nohanashobu3.jpg

園芸品種よりはシンプルながら、濃い紫が素敵なノハナショウブが撮れました。

何とか近づけるお花を探して、接写します。

200902_nohanashobu4.jpg

雨に濡れた姿がまた良いですねぇ。
色の薄いのもあったけれど、咲いてしばらく経つと色褪せるのかな。

200902_nohanashobu5.jpg

それとも、色の薄い個体だろうか?

200902_nohanashobu6.jpg

それにしても、面白いデザインのお花ですよね。アヤメ科だけの独特な形。
どうしてこんな風に咲こうって思ったのかなぁ。



そうそう、この近くがジューンベリーの並ぶ一画なんですよ。ジューンつまり
英語で言うところの6月に実る果実がジューンベリー。

200902_juneberry.jpg

実っていましたよ。すっかり熟して真っ黒です。もうちょっと手前の赤くなった
あたりで撮りたかったなぁ。



お隣のカロリナポプラの幹からは、たくさんのひこばえや枝がニョキニョキ。

200902_k_poplar.jpg

あんまり出ちゃうとまた、風が強い日に倒れやすくなっちゃうから、管理人さん
たちがこまめに剪定しています。ご苦労様です。



あ、これ、別の場所のノハナショウブ。

200902_nohanashobu7.jpg

後ろはヤマブキのヤブです。

200902_nohanashobu2.jpg

4月のシャガに始まって、ジャーマンアイリス、ダッチアイリス、アヤメ、
キショウブ、ハナショウブ、カキツバタはうちに近所に無いから、この
ノハナショウブがアヤメ科のお花リレーの最後です。今年も追いかけることが
出来ました。また来年お会いしましょう。元気でね。



雨の日がよく似合うトサミズキの葉っぱ。

200902_tosa_m.jpg

相変わらず新芽には水玉がよく似合います。



それから、去年、花だんにアナベルがたくさん植えられました。

200902_annabelle1.jpg

今年はそれがお花を咲かせました。

お水に困らない池のほとりで咲いています。

200902_annabelle2.jpg

ふんわり可愛い白いお花。

咲き初めは緑色。

200902_annabelle3.jpg

アジサイよりはお花は細かいし、葉っぱは薄いけれど、図体は大きくなります。
風に弱そうだから、池のほとりの開けたところはちょっと心配だけれど、綺麗に
咲いてくれています。末永く育ってね。




次の記事で、6/14のおさんぽは最終回です。いつもおさんぽしている公園の
アジサイと帰り道で見かけたご近所花だんのお花を見て頂く予定です。
多分、飽きるほどアジサイの写真だけれど、良かったらまたおつきあいください
ませ。


posted by はもよう at 22:56| Comment(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: