2020年09月18日

クルミの木とシモツケ

一昨日は都内にある実家まで行って来ました。結構いろいろな用事を片付けて
また、12000歩 歩き回りました。ちょっとの間に草むしりとかもして、頑張り
ましたよ。で、昨日は曇り空の元、仕事に行って来ました。でもってなんとなく
くたびれちゃって、ブログは2日連続でお休みしちゃいました。暑くなる予想の
今日も出勤。予報されたほどでは無かったけれど、蒸し暑かったですね。今日も
いろいろなことがあって、目まぐるしく働いて来ました。こんな時期ですから、
仕事があるだけで有難いです。さて、明日から4連休。さっそく明日は実家の
お墓参り。また、都内へ行って来ます。頑張るぞp(^へ^)。

記事の方は、7/5のおさんぽの続き。

200918_teuti_g1.jpg

雑木林ゾーンの途中にあるテウチグルミの木。今年は豊作のようです。
後半は華やかなシモツケの花を見て頂こうと思います。




クルミ科クルミ属の落葉高木。

200918_teuti_g2.jpg

日本に自生するオニグルミに対して、こちらテウチグルミは栽培品種。
ペルシャグルミの変種で、中国から朝鮮半島を経由して渡来したそうです。
名前の通り殻が手で割れるくらい薄いそうです。別名は菓子グルミ。
ナッツやお菓子に利用されるそうです。

200918_teuti_g3.jpg

ここには数年前から1本だけ植栽され、細々と…それこそ この実の付き方で
栽培品種なの?って思うくらいちょこっとずつしか実が付かないで来ましたが、
今年は豊作なようです。

200918_teuti_g4.jpg

それでもこのくらいだから…


他の場所のオニグルミと比べると…

200918_o_gurumi1.jpg

まだまだですけどね(^^;)。

だいたい、オニグルミってブドウみたいに房になって実りますものね。重そう。
どちらも秋に熟して、自然に落ちてきます。

200918_o_gurumi2.jpg

水辺好きなオニグルミの実。池や人工の小川で、ぷかぷか浮いているのを見ると、
お山でもこうして遠くまで運ばれるんだろうなと思います。

どうも、オニグルミの方が味は良いみたいなんですよ。ただ、殻が固いし、
中が複雑で、綺麗に取り出しにくいらしくて、あまり流通しないんですって。
ちょっともったいないですよね。



6月にたくさん実を眺めたナワシロイチゴですが、この日もまだ、残っている実を
見つけました。

200918_nawasiro_i1.jpg

クサイチゴの実も、ずいぶん後まであったけれど、ナワシロイチゴも頑張ってます。

200918_nawasiro_i2.jpg

赤い実の粒がこぼれて居ますね。鳥さんでも来たのかな?

200918_nawasiro_i3.jpg

綺麗な木苺ですよね。また来年も見に来るね。



さて、雑木林をもうちょっと歩いて行きます。頭上の枝が減って、ちょっと明るい
ので、林床は草の種類が増えてきます。

200918_m_katabami.jpg

日向好きなムラサキカタバミ、うっかり芽を出しちゃったけど、ここでも
何とか咲いてます。


こちらの葉っぱはキンミズヒキの葉っぱです。

200918_k_mizuhiki.jpg

前の記事のミズヒキはタデ科で、こちらは、名前は似ているけれどバラ科で
赤の他人の関係。ミズヒキよりはもうちょっとお花らしいお花が咲きます。
咲いたらまた見に来るね。



あ、雑木林に良く出る赤いきのこです。ここ、コナラやクヌギも生えているから

200918_kinoko.jpg

ニオイコベニタケかなぁ。


そのそばでは、こちらも日向の方が好きなヒメヤブランが咲いて居ました。

200918_h_yaburan.jpg

やっぱりね、生えている草でうっそうとした林を歩いているか、木陰から出たか
解っちゃいますね。



雑木林から出たついでに、人工の小川のほとりに植えられて居るシモツケの花を
見に行きましょう。

200918_simotuke1.jpg

バラ科シモツケ属の落葉低木。シモツケソウに対して、キシモツケ(木下野)とも
呼ばれます。

200918_simotuke2.jpg

「シモツケ:下野」とは今の栃木県あたりをさす下野(しもつけ)の国
で最初に見つかったことから。育てやすく、暴れないので庭木として良く植栽
されます。

200918_simotuke3.jpg

バラ科シモツケ属にはユキヤナギやコデマリなども含まれて、園芸品種の多い
仲間です。

200918_simotuke4.jpg

花色も多く、春から秋まで少しずつ咲き続けてくれるので、なかなか良い花木に
なるんじゃ無いでしょうか。

200918_simotuke5.jpg

近所の公園にも白と濃いのと淡いのの2種類のピンクの花が咲きます。

200918_simotuke6.jpg

雨に濡れた姿も良いものですが、この日はあんまり濡れていませんでしたね。

200918_simotuke7.jpg

綺麗なシモツケの花、堪能いたしました。
まだ、多分、ちょっとずつ咲き続けてくれると思うので、時々見に来ようと思い
ます。


次回は人工の小川のほとりとその周辺で、ちょっと地味な草の花を見て歩きます。
良かったらまたおつきあいくださいませ。


posted by はもよう at 23:19| Comment(2) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
クルミが今年は豊作なんですか。
大きな木があるので、見に行きたいです。
いつも根元のあたりにたくさん実が落ちていますが、
そのまま真っ黒になっていきます。
ただカラスかなぁ
少し離れたところで割れているのを見かけます。
空から落として割っているのかなぁ
なかの部分だけきれいになくなっています^^

はもようさん、2日おやすみなんて、
すごく頑張っておられますよ。
わたしなんて、1週間ぐらいざらですもん。
お仕事もしっかりなさっていて、
ご実家にもいかれて、えらい!!

私もこの時期この年でお仕事と言うか内職が
あるだけ幸せと思いながらも、
文句を言いつつ続けています^^

ここのところ実家にも泊まりに行っています。
母の調子がよくなくてもう米寿ですから。
仕方がないのですが・・
Posted by ブリ at 2020年09月20日 10:27
ブリさん、こんにちは。

そうそう、テウチグルミが豊作でした。
食べられないままの実が落ちて黒くなっているの、私も見ます。
もったいないですよね。
今年はお山の熊さんがお腹を空かせて里に下りて
色々事件を起こしていますけど、
送って良いなら拾い集めたいくらいです。
ドングリもいっぱい落ちているし。

でも、ダメなんでしょう。遺伝子攪乱とかで。
余所ものは持ち込んじゃいけないらしいんですよね。残念です。

カラスは賢いですね。クルミ、割って食べますか。
熊さんにも分けてくれたら良いのに。


わぁ、ブログお休みしたのに褒められた。
嬉しい。
いやぁ、主婦って、何やっても褒められませんからねぇ。


あ、でも、ブリさんだって、えらいです。
そうやって、いつも、褒めてくださるし ♪
ありがとうございます。

ああ、お母さまの所へも行ってらっしゃるんですね。
色々おありでしょうが、
一緒に居られる時間を大切になさってくださいね。

Posted by はもよう at 2020年09月20日 16:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: