2020年10月16日

コバギボウシの花

今日は思ったよりは明るい曇りで、日中ちょっとだけ陽も差しました。お昼休みに
写真撮りに行きたかったけれど、でられたのは夕方になってからでした。それでも
シュウメイギクなどをちょっと撮りました。やっとやってくるお休みの明日は、冬
のコートを出した方が良いくらいの冷たい雨の予想です。風邪ひかないように、
更に更に気をつけましょう。

記事の方は昨日の続き。8/5に隣町の公園裏の「北向きの斜面」で撮ってきた写真。

201016_k_gibosi1.jpg

まだしつこく、コバギボウシをねらっていきます。





とにかく、雨だけはたっぷり降りましたからねぇ。7月中に雨が降らなかったのは
一日だけだったそうですよ。何もかもが湿っぽくて6月は肌寒く、7月は蒸し暑く
植物の中にも調子を崩すものがでたりして。おかしな梅雨でした。

201016_k_gibosi2.jpg

梅雨が開けてみたら、斜面は草の葉でいっぱい。

その中から、花茎を伸ばすコバギボウシ。

201016_k_gibosi3.jpg

いやほんと、湿ったところが好きなコバギボウシにとっては願っても無い良い気候
だったかも知れません。

201016_k_gibosi4.jpg

いつも以上に綺麗です。

201016_k_gibosi5.jpg

そして、いつも以上にたくさん咲きました。

201016_k_gibosi6.jpg

去年、タイミングを逃してあんまりみられなかった分を補ってあまりあるくらい
堪能いたしました。

201016_k_gibosi7.jpg

コバギボウシちゃん、ありがとう。また来年ねぇ。



さて、斜面の裾を通る道から、坂を登って斜面の上の方へ。

201016_egonoki1.jpg

擁壁の上に落ちていたのはエゴノキの実です。ちょっと気が早くないかなぁ。

ほらね、上を見上げるとこの景色。

201016_egonoki2.jpg

丸くて薄緑色のがエゴの若い実。この緑の皮を水につけると泡立ちます。
川に流すと、魚が浮いてくるそうで、里山の男の子たちは、川で魚取りに使った
そうです。そして、さっきの皮が枯れて、中のタネがこぼれたものは、今度は
里山の女の子たちが集めて、お手玉の中身にしたそうです。軽くて良い音がし
ます。



ひょいとのぞいた草地にノブドウとカラスウリの葉っぱが並んで居ました。

201016_nobu_kara.jpg

違いが良く解りますね。先の尖った5裂するノブドウの葉。縁がぎざぎざでつや
消しの濃い緑色のカラスウリの葉っぱ。どちらも魅力的なつる性植物です。



黒いアゲハが遊んでいたクサギの大株。

201016_kusagi1.jpg

梅雨明けを喜んでいるようです。

日照不足で野菜の値段も上がりましたもの。きっと野山の草木もお日様が恋し
かったことでしょう。

201016_kusagi2.jpg

蝶々や蛾が頼りのクサギも、きっと気をもみましたよ。



坂を登りつつ、再度、公園の方へ向かう道。深いヤブの中を覗いたら、あらまぁ、
もう、クズの花が咲いて居ます。

201016_kuzu.jpg

秋の七草の一員じゃ無かったの?やっと梅雨が明けたところだよ。
毛深くて太いつるで、何にでも覆い被さり、絡みつき引き倒すグリーンモンスター
でも、お花は可憐で良い香りです。


さてさて、斜面を登り切ったところで、別の入り口から公園に戻ります。こちらへ
来た目的はヤブミョウガの大群落を見る事。

201016_y_myoga1.jpg

雑木林の木の影が落ちるけど、そんなに暗くないって言う端っこがヤブミョウガの
お気に入りの場所。何度も見に来ていましたが、この日はお花がたくさん咲いて
居ました。

201016_y_myoga2.jpg

すぐ横がカラスウリの大群落なので、ちょっと混じってみたりして。

白いお花の穂。お花が終わって丸い実が付いているのも可愛いです。

201016_y_myoga3.jpg

最初は白いんですよ。

やがて薄緑色になり…

201016_y_myoga4.jpg

この辺の、翡翠のような色合いが好きですねぇ。

201016_y_myoga5.jpg

このあとは、ちょっと青っぽくなりながら…真っ黒に見えるくらいまで色濃く
熟していきます。その、色づき方を眺めていくのも楽しいところです。

201016_y_myoga6.jpg

真夏が来る前に、涼しげなヤブミョウガの群落。いつまでも眺めて居たい景色です。



お隣のカラスウリの群落はこんな感じ。

201016_karasu_u1.jpg

なかなかの広範囲に葉っぱを広げています。

201016_karasu_u2.jpg

近づいてみると、お花が咲いたあともあります。朱赤のカラスウリ。
実るかな。見つけられるかな。楽しみです。 




ここからまたしばらく歩いて、以前コバギボウシの群落を見に行った公園の中程に
ある谷。この日、行ってみて、コバギボウシは咲いて居なかったんですが、代わり
に見つけたのが、こちらのか細い茎の黄色い花。

201016_h_k_mizuhiki1.jpg

似てますよねぇ。1つ前の記事でご紹介した黄色いお花に。

これは、ヒメキンミズヒキ(姫金水引)バラ科キンミズヒキ属の多年草。

201016_h_k_mizuhiki2.jpg

キンミズヒキににくらべて、全体にほっそりして毛が少なく、花びらが細くて
お花も小さくまばら。

201016_h_k_mizuhiki3.jpg

小葉の先は丸く、鋸歯粗め。小葉は先の方3枚がとびきり大きくて、葉の形に
丸みがあります。

201016_h_k_mizuhiki4.jpg

おしべは5〜6本、ときに8本ぐらい。あ、このお花、8本だ。



トウバナがまだ咲いていました。

201016_toubana1.jpg

ちっちゃくて可愛いシソ科トウバナ属の多年草。

201016_toubana2.jpg

頑張ってズームアップしたらこんなに可愛いお花です。



これで8/5のおさんぽはほぼおしまい。あとは自宅方向へ向かって帰りました。
でも、この日はたくさんの蝶々に出会いましたので、次の記事で蝶々を中心に
特集しようかなと思います。虫が苦手でなかったら、おつきあい頂けたら
嬉しいです。



posted by はもよう at 22:53| Comment(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: