2020年10月19日

芙蓉と槐の花、凪の実

今日は朝のほんの短い時間晴れましたが、後は曇り、お昼から冷たい雨になり
ました。天気予報通りです。すごいな。洗濯物を干すときに、うちから見える
富士山のてっぺんにちょこっと雪が乗っているのが見えました。初冠雪はもう
ちょっと前だった気がするけれど、またひとつ季節が進んだんだなぁって、
しみじみ。日暮れも早くなりました。暖かくして過ごしましょう。

記事の方は8/8と8/9に街角で見た真夏の花木をいくつか。

201019_nokanzo.jpg

先ずは実家へ行く日の朝、駅から見たノカンゾウ。春はブタナ、秋はツルボが
電車を待つ目を楽しませてくれる場所です。




そこから出かけて、都内の実家のある街へ。バスを降りたらこんな風にフヨウが
咲いて居ました。

201019_fuyo1.jpg

下町の人は庭がないから、もう、街路樹の下だろうが軒先だろうが、透き間さえ
あれば花を植えちゃいます。

ここのは薄いピンク色。

201019_fuyo2.jpg

良く開いていました。存在感のあるめしべと賑やかなおしべ。大きな花びら。

201019_fuyo3.jpg

フヨウもハイビスカスも、何とかアオイも、アオイ科のお花はそっくりです。

しぼむと色合いが濃くなります。

201019_fuyo4.jpg

大きな花だけれど、大抵は一日花。せっかく咲いたのにあっという間にしおれちゃ
います。



そばに咲いていたのはムクゲですね。これは「宗旦(そうたん)」と言う品種かな。
白地にまん中赤いの。

201019_mukuge1.jpg

お花そっくりなのに、どうやってムクゲとフヨウを見分けたんだっけ?

あ、そうだ、葉っぱが違うんだっけ。

201019_mukuge2.jpg

フヨウよりだいぶ木って言う感じが強いし、葉っぱはフヨウよりは細かくて
あんなに大きく切れ込んでないし、色も濃い緑色。

もう一つ大きく違うのはフヨウのめしべは上に向かってカーブしているけれど、
ムクゲのめしべはまっすぐ。



あれこれ途中で用事を済ませて、実家の近所へ。

201019_fuyo5.jpg

以前にもご紹介した街角のフヨウの大株。

以前よりもまた一段と花数が増えていました。

201019_fuyo6.jpg

バスを降りたところで見たのよりずっとピンクの色が濃いなぁ。

201019_fuyo7.jpg

この日は午前中に撮ったから、まだお花が元気でいきいきしてますね。
前回のお花は午後3時に撮ったので、ちょっとお花が閉じかけているんですよ。



次は翌日、8/9。自宅のそばで、お買い物帰りに街角の花を撮りました。

201019_sarusuberi1.jpg

こちらはちょっとした公園。それでも豊かに葉を茂らせた木が並んで居ます。

先ずは優雅に枝を広げたサルスベリ。

201019_sarusuberi2.jpg

濃いピンクの花が素敵です。

枝先の葉っぱの並びをねらってみました。

201019_sarusuberi3.jpg

サルスベリは珍しい2枚ずつ交互の付くコクサギ型葉序の木。

201019_sarusuberi4.jpg

解るような、解らないような。


それからお隣は樫の木。

201019_kasi1.jpg

これも、シラカシっぽい形の葉っぱに、アラカシっぽい特徴。
アラカシ…なのかなぁ。

ドングリの準備が始まって居ました。

201019_kasi2.jpg

うちの近所の街路樹って、実のなる木が結構多いんですよ。
お買い物ついでにドングリが拾えますよ。

そして、あんまり梅雨が長くて日が差さないから、もう、夏は来ないのかと
思ったわけでは無いでしょうけれど、一枝だけ紅葉していたカエデ。

201019_kaede.jpg

くしゅくしゅって丸まっちゃった葉っぱもあるし…、カエデにとっては長梅雨は
苦痛だったのかなぁ。梅雨明けたからね、これから、お日様がいっぱい照るよ。

カエデの幹にミンミンゼミみっけ!

201019_minmin_z.jpg

透き通った羽と背中の緑と白の模様が素敵です。



もうちょっと歩くと、街路樹にエンジュが植えられて居るエリアがあります。

201019_enju1.jpg

ちょっと足を伸ばした先に、エンジュが植えられて居る公園もあるんだけれど、
ここで会えるからわざわざ行かないなぁ。

結構立派でしょ。ハリエンジュの元ネタのエンジュですよ。

201019_enju2.jpg

故郷中国では学問と権威の象徴なんですって。

201019_enju3.jpg

これでもマメ科です。葉っぱは丸っこい小葉がならぶ奇数羽状複葉で、お花は
蝶型花。花後に実るのはぽこぽこ膨れる可愛いさやのお豆。

201019_enju4.jpg

お花はそれはもう、どっさり咲きます。

花期も7〜8月と長め。

201019_enju5.jpg

花は大きな円錐花序で葉っぱは羽状複葉で、どっちも豊かにたっぷりと。

201019_enju6.jpg

木全体に薬効があって、管理も簡単なことから街路樹によく利用されるって
書いてある記事も見かけましたが、街路樹に…有ったかなぁ。

201019_enju7.jpg

結構強剪定されているので、コンパクトにまとまっているかと思えば、こんな
風に枝を伸ばしたり。

201019_enju8.jpg

ずいぶん長いつきあいだけれど、樹勢は全く衰え知らず。
マメ科エンジュ属の落葉高木です。日本に渡来したのは奈良時代だそうです。



更にその先の街路樹、サルスベリ、こちらの木は白い花。

201019_sarusuberi5.jpg

こちらももこもこと良く咲いて居ます。


でもって、この木のそば、街路樹の根元に勝手に育てられていた木が、あら、これ、
見た事あるわっていう木。

201019_nagi1.jpg

針葉樹なのに幅広の葉っぱのあの、変わりもの。そう、ナギの木ですよ。
えーっ、この道、何度も通っていたけど、気づかなかった。

201019_nagi2.jpg

あれまぁ…って見上げたら、更に驚いた。

201019_nagi3.jpg

実がなってる。これ、メスの株だわ。

この間、公園で初めておばなが咲いたのを眺めて、こうなったらメスの株にも会い
たいなぁなんて思ったけど、

201019_nagi4.jpg

結構身近にあったわ。気がつかないもんだねぇ。

201019_nagi5.jpg

とは言っても白く粉がふいたようなまん丸で、見栄えはしないんだけどね。
今度はめばなを見に来たいな。
何度も歩いている街角でも、色々発見があるものです。
また、キョロキョロしながら歩くとしよう。ぶつからないように気をつけつつ。


次回からは8/10に近所の公園を歩いて撮ってきた写真をまた、数回に分けて
ご紹介の予定です。良かったらまたおつきあいくださいませ。


posted by はもよう at 21:34| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: