2020年11月20日

うちのノダケ

気温は異様に高いのですが、昨日から急に落葉が多くなり、目にする木々の枝に
透き間が目立つようになりました。暖かいから季節が止まって居ると思うのは
こっちの思い込みで、植物たちはもう11月が下旬に入ったことを知って居るので
しょう。明日からは平年並みに向けて、どんどん気温が下がるそうです。体調
管理に十分注意し、増え始めている感染者の仲間入りをしないように気をつけ
たいものです。そして、具合の悪い人が気軽に休める社会を作りたいですね。

記事の方は今年8月の我が家の鉢植えの記録。

201120_nodake01.jpg

試みに植えてみたノダケのタネ。思いがけない成長を見せたんですよ。






タネを蒔いたのは2年前。最初は西洋オダマキの鉢に間借りしていたけれど
専用の白い鉢と茶色の鉢に移したのが1年前。白い方の鉢に1枚だけ、大きな
葉っぱが出て、あとは小さいままで年越し。でもってまた上か会え、今度は両方
白い鉢になっちゃいました。

2018/12/ 2付 「ツルボ満開」 10/6撮影

でもって3年目を迎えようという夏になって、片方の鉢に大きな変化が有り
ました。

気づいたのは今年の8/5。

201120_nodake02.jpg

茎の先に、つぼみですよ。いや、あなたは秋の花のはず。準備が良いにもほどが
有るよ。

しかも、すぐ下の葉の付け根にもつぼみ。

201120_nodake03.jpg

更に更に、そのまた下にもつぼみ2つ。

201120_nodake04.jpg

晩秋の野原に、ひときわ丈高く渋い暗紫色の花を咲かせるノダケ。その野草らしい
渋〜い姿が気に入って育てようと思ったんだけど?なに?夏のうちからつぼみ?
意外だわぁ。まぁ、でも、もう一方の鉢は全くそのままだし、先の鉢の方もつぼみ
だけでしょう…と、この時は思って居ましたよ。



いやびっくりしたのはその2週間後の8/19。先の鉢の方のノダケのつぼみ、
パカッと割れちゃいました。

201120_nodake05.jpg

あららら、お花が出て来ちゃいましたよ。ようやっと旧盆が終わったところですよ。
晩秋のお花ぁ。なんで今咲くの?

真上から見てみました。

201120_nodake06.jpg

はい、ちゃんと暗紫色です。白い小花が多いセリ科にあって、とてもユニークな
この花色。好きなんですよ。晩秋の(しつこいな)野原で眺める渋いこの花が。
いや、まだ、猛暑日続きよ。

下のつぼみもやる気ですよ。

201120_nodake07.jpg

え?4つ、次々に開く気?いや、だから、早くない?




そして翌日8/20、残念なことに気づきました。ノダケじゃなくて、ノダケの鉢に
うっかり出てたタチシオデなんですが、こちらは何故か突然枯れました。

201120_t_siode1.jpg

あら、ショック。いつか花火のようなお花とむちむちの実が付くのを楽しみにして
居たのに。何が気に入らなかったのかなぁ。


あ、ノダケは元気ですよ。

201120_nodake08.jpg

ほらね、一番上のつぼみはすっかり開いてお花の穂が広がりました。

201120_nodake09.jpg

横から見てもイイ感じ。小花はこれから開いておしべを元気に四方に伸ばす予定。

あれ?お花の塊が入って居た所にまだ何か入ってます。

201120_nodake10.jpg

何?これ?つぼみの中にまた、つぼみ?え?まだ咲くの?

茎の下の方のつぼみだって、やる気だよね。

201120_nodake11.jpg

うわ、いったいいくつ咲くんだろう。



同じ日、ツルボの鉢に葉っぱが出てきました。

201120_turubo1.jpg

こちらも若干、早くないですか?まだ、8/20ですよ。



こちら他の鉢の様子です。マンネングサもちっちゃいサボテンも、ヤマジノ
ホトトギスやヘデラの鉢にも大きな変化はなし。ちっちゃかったセダムは、
鉢を大きくしたら、増えて増えて大変です(^^*)。

201120_nobudo1.jpg

6月に花が咲いたノブドウの方は、今年はアリさんが全く来なくて、実が1つも
出来ませんでした。

201120_nobudo2.jpg

花を支えていた茎を全部落としてしまったあと、また新しい芽をもちました。
まぁ、実が熟すのは秋なんだから、もう一花咲かせても間に合うけどね。
咲かすのかなぁ。




次の日8/21、ノダケの小花が開いたようなので、接写に挑戦してみることに。

201120_nodake12.jpg

暗紫色の花に白いおしべの葯が目立ってきましたでしょう。これがノダケの花が
咲いたってことですよ。

では、小さな花をズームアップしてみます。

201120_nodake13.jpg

見えます?ちっちゃいちっちゃい花びらが。まん中があとでタネになる部分です。
実まで育てるかなぁ。



ついつい、毎日見ちゃいます。8/22にタチシオデに動きがありました。

201120_t_siode2.jpg

枯れてだめになったかと思った茎に、小さな芽が見つかりました。

201120_t_siode3.jpg

心なしか、上の方の葉が落ちた痕にも芽が隠れているように見えます。
いやこれ、復活有るかもよ。引き続き見守ります。


前日、小花が開いたのを眺めたノダケ。

201120_nodake14.jpg

この日もしげしげ眺めます。

そういえば、あの、つぼみっぽいものと今満開の花の穂(散形花序)の間が
ずいぶん遠くなったなぁ。

201120_nodake15.jpg

このつぼみ、本当に咲くのかな?


そうそう、ツルボの葉っぱの下から、花芽が出て来ました。

201120_turubo2.jpg

いや、ほんと、ちょっと早くない?


それからノブドウ、こちらもやる気満々です。

201120_nobudo3.jpg

葉っぱの付け根に葉っぱじゃないものが出て来ました。

201120_nobudo4.jpg

つぼみかなぁ。



ちょっと間が開いて8/26、タチシオデの復活が確実となりました。

201120_t_siode4.jpg

ほら、新しい葉っぱよ。嬉しいなぁ。良かったなぁ。


ノダケの方は、いや結構長く咲いていましたよ。

201120_nodake16.jpg

でも、もう一番上のつぼみの花は、終わったって感じです。
虫さんが全く来ないので、実を結んだような気がしないのが不安です。

ツルボの方は順調に、花の芽が伸びています。

201120_turubo3.jpg

あれ?でも、1つだけ?毎年、何本もでて咲くよね。これからかなぁ。

今年は、コロナの影響で外出を控えてお家に居ましょうと言われて、家で過ごす
時間が増えて、久し振りに鉢植えの植え替えをしたので、

201120_hedera.jpg

ヘデラがいつになく元気で、特に斑入りの葉っぱがたくさん出てくれたのが
嬉しかったです。




日照不足になるほどの長梅雨で7月いっぱい梅雨が明けず、8月になって
開けたと思ったら今度は猛暑に日照り続き…の変な夏が終わる8/31。

うちのノダケの様子です。

201120_nodake17.jpg

晩秋の花のはずが、すっかり一仕事終わった感を出しています。

茎のてっぺんの花は終わって、同じ苞に包まれていたもう一つのつぼみも立ち
上がり、開く気満々ですよね。

更に茎の下の方のつぼみもすっかり臨戦態勢。

201120_nodake18.jpg

今にも咲きそうです。

201120_nodake19.jpg

いやこれ、2つ目までは咲きそうだわ。

でも、下の2つはちょっと無理かなぁ。

201120_nodake20.jpg

頑張って咲くかなぁ。ちょっと心配。



シオデの方はますます元気です。

201120_t_siode5.jpg

まだか細い株だけれど、いずれは大きくなって、素敵な花と実を見せて
もらいたいなぁ。

201120_t_siode6.jpg

それにしても、良く見る株は茎1本の物が多かったけれど、この株は茎が
枝分かれするんだなぁ。



ちっちゃかったツルボの、最初のつぼみがぐんと背が高くなって、ねもとに
別の芽が2つ出て来ました。

201120_turubo4.jpg

いつ咲くのかな。楽しみ ♪

そうそう、ちっちゃかったセダムちゃん。専用の鉢を用意し、ちぎれた葉を
見つけると土にさしておいたんだけれど、育つもんだわぁ。

201120_sedum.jpg

ぷりぷりの葉っぱがもくもく。真夏のうちはもっと緑色だったけれど、だん
だんピンク色に変わってきました。冬はもっとピンクになるのかなぁ。



夏の終わりのヤマジノホトトギス。公園の株は草刈り隊に刈られてしまった
ので、ここで花を咲かせないと、

201120_yamajino_h.jpg

今年はヤマジノちゃんを撮れずじまいになっちゃう可能性があるんだから、
ちゃんとお世話しないとね。



それからちょっと経って9月に入りました。9/4に眺めるノダケと他の鉢。
8月から眺めてきたお花が左側。

201120_nodake21.jpg

同じ苞に入って居て、後から開いたお花が右の塊。良く見ると、もう
一つ下で、葉っぱの付け根から頭を持ち上げていたつぼみも開いていますよ。

はい、これが、茎の一番上のつぼみから出て来た二つ目のお花。

201120_nodake22.jpg

遠くに咲き終わった花の穂が見えるでしょう。あれが一番最初に咲いた花
ですよ。

片方のノダケはこんなにたくさんお花を咲かせようとしているけれど、

201120_nodake23.jpg

もう一つの鉢のノダケは素っ気ないまま。うーん、何が違ったんだろう。



頑張っていたノブドウいよいよ2度目のつぼみが出て来ましたよ。

201120_nobudo6.jpg

今度はアリさん、来てくれるかなぁ。


ツルボも咲き始めました。

201120_turubo5.jpg

このあと、薄い紫色のお花が穂にびっしりと並びます。
ツルボのお花については次回の記事でご紹介します。

その前に、また、実家へ行ってこなくちゃなりません。感染者増えてちょっと
心配な都内だけれど、気をつけて行って来ます。

日曜日になったらまた記事を載せる予定です。良かったらまたおつきあい
くださいませ。




posted by はもよう at 22:18| Comment(2) | 鉢植え観察記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はもようさん、こんにちは。
まるで映画をみているようで、
どうなるんだろうとどきどきして拝見しました。
ノダケ、咲いてよかったですね。
こちらでも早い子で9月13日に
蕾が割れて咲きそうになっているのを撮っていました。
でも8月19日でしたっけ。
かなり早いですよね。
今年はお花が早いとおっしゃっている方がおられましたけれど、
気温とか影響しているのでしょうか。

シオデやノブドウが復活ですね。
これから楽しみですね。
お花は毎日どうなっているか
気になって見てしまいますよね。
Posted by ブリ at 2020年11月21日 14:50
ブリさん、こんばんは。

あら、そちらでもノダケの花は早かったですか?
何だか、へんてこな夏だった影響が出たんですかねぇ。

あ、でも、異常に早かったのは鉢植えのノダケだけで、
野原のノダケは10月に咲いたから、ブリさんちの方より遅いかも。

この株がどうしてこんなに早くに咲いたのかは不明ですけど、
不思議で面白かったです(^▽^)ノ。

次の記事でノダケの最後まで、報告しますね。
シオデやノブドウは、来年に期待…という感じです。

気になって、毎日眺められるのが手元で育てる醍醐味ですよねぇ。
鉢は、減らしていかなきゃいけないのに、ついついこうして
増えちゃいます。(^^;)


Posted by はもよう at 2020年11月22日 23:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: