2021年01月29日

紅葉自慢巡り

今日は良く晴れたものの風が強くて、ガラス戸の中は暖かいのに外はもの
すごく寒くてびっくりな日でした。仕事机のそばには大きな窓があるので
すが、外の木が大きく揺れていましたよ。ベランダのものが飛んでいないか、
帰るまで心配していました。あ、そう言えば、千葉の南端の渇水は解消した
そうです。ニュースで言ってました。良かった。週末はどんなお天気かな。

記事の方は11/4のおさんぽの続き。外国産の木が並ぶエリアの隣から始まって
紅葉自慢の木々を次々めぐって歩きます。

210129_a_hanakaede1.jpg

こちらは芝生広場の反対側に見えたアメリカハナノキ。あとで近くまで行き
ますが、今は芝生広場のこちら側の木を見ていきましょう。








そばの草地にヨウシュヤマゴボウが立っていて、見事に紅葉していました。

210129_y_yamagobo1.jpg

ショッキングピンクからもうちょっとすすんで真っ赤になって来た?

210129_y_yamagobo2.jpg

さすがよその国生まれ、ちょっと日本じゃみられない草もみじですね。


その向こうにはススキがひと群れ。

210129_susuki.jpg

銀色の穂を風になびかせていました。




さて、また別のエリアの雑木林へ入っていきましょうかね。

210129_zokibayasi1.jpg

下草が無くて歩きやすいけれど、ちょっと寂しいな。

でも、上を見ればこんなに緑色。ここは良く、シデ三兄弟を撮るあたり。

210129_zokibayasi2.jpg

11月に入ったっていうのに、まだ、緑色が多いなぁ。クマシデ、イヌシデ
アカシデが立っているんだけれど、まだ紅葉も始まってないから、どれが
どれやら。


とりあえず、落ち葉が散り始めた道をたどってさらに奥へ。

210129_zokibayasi3.jpg

奇麗な葉っぱが風に吹き寄せられているところがありました。

210129_sakura.jpg

真っ赤なのは桜のの葉っぱかな。


見上げると、さわやかな景色です。

210129_zokibayasi4.jpg

この辺はシラカシとヤマザクラかなぁ



こちらの黄色っぽい葉っぱはクヌギです。

210129_kunugi1.jpg

細長い葉っぱのふちがとげとげになっているどんぐりの木。

210129_kunugi2.jpg

ちょっとこのサイズだと、葉っぱのふちのとげとげが良く見えませんね。



緑の葉っぱがたくさん茂って、上の方がちょこっと色づき始めたこの木は

210129_mizuki1.jpg

ミズキです。

210129_mizuki2.jpg

ほら、あっちもこっちもミズキ。良く色づいた気もあるけれど、まだまだ
緑の木も多かったなぁ。



道の先を透かし見てパチリ。

210129_zokibayasi5.jpg

行く先の方に赤い葉っぱが見えるけど、何の木かな。



あ、赤くなりかけのアカシデの木見っけ。

210129_akaside1.jpg

さっきのところはまだ全然だったからうれしいな。

一部拡大してみます。

210129_akaside2.jpg

朱色のように色づく葉っぱも、まだ、緑色の葉っぱもきれいですよね。

全部色づくと、ほんとに奇麗なんだけれど、この回はここまでっていうか

210129_akaside3.jpg

もっと赤くなったところ、見られるかなぁ。

210129_akaside4.jpg

下の方の緑の葉っぱが、枝先から赤くなります。




それからこちらは、サトウカエデ。メイプルシロップの採れる木、
カナダの国旗のまん中のあの葉っぱの木。

210129_sato_k1.jpg

まだ上の方ほんのちょっとが色づいているだけだけれど、

210129_sato_k2.jpg

あぁ、奇麗。日頃見慣れた日本の木々より鮮やかな気がします。

210129_sato_k3.jpg

これもいつもすることだけれど、落ち葉を並べてみました。こんな感じに
ちょっとずつ色づいていくんでしょうかね。



サトウカエデのお隣に並んでいる木からもメイプルシロップが採れることを、
最近、知りました。ずっと眺めてきた木ですけど。

210129_negundo_k1.jpg

それがこちらのネグンドカエデ。まるで様相が違いますね。
こちらの木、芽吹き時のピンクの新芽が特徴的な園芸品種という側面ばかりに
取り上げてきました。採れるんだねぇ、しみじみ。

面白いほどサトウカエデとは違う木です。それでもれっきとしたカエデ科
なんですよ。でも、カエデ科だなぁと思うのは枝に残ったプロペラ型の実
くらい。

210129_negundo_k2.jpg

葉っぱは蛙手じゃなくて浅く3裂、葉っぱははっきりとした紅葉はせずに
こうして散ってしまいます。変わってるよねと思っていただけだったけれど、
樹液からメイプルシロップが採れるなんてねぇ。




雑木林をさらに進んで、ここも、お付き合いの長い木が並ぶ道へ。
何度も撮ったこぶしの枝。

210129_kobusi1.jpg

葉っぱがたくさん茂って、いい感じ。

210129_kobusi2.jpg

もちろん、ふかふかの花芽もたくさんついています。



光が当たると赤く色づいたのがわかるこの葉っぱは、リョウブです。

210129_ryobu1.jpg

青空と一緒に見上げるとこんなにカラフル。

210129_ryobu2.jpg

こうしないとただの地味な葉っぱなんですよ。ごついし。また来年ね。




芽吹きも のんびりだったけれど、紅葉ものんびりなムクノキ。

210129_mukunoki.jpg

しれっとまだまだ緑色。マイペースなのもいいところ。


前の記事でシックな赤い紅葉をお見せしたキブシですが、こちらではまだまだ
黄色の段階。

210129_kibusi.jpg

赤くなるかなぁ。



色々な木が立っている雑木林。秋の色どりも株ごとにいろいろ。

210129_zokibayasi6.jpg

だから、おさんぽが捗ります。あちこち見上げながら進みます。
今度はどんな葉っぱに会えるかな。

良かったらまたお付き合いくださいませ。




posted by はもよう at 21:44| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: