2021年01月30日

林を抜けて池の畔へ

今日は風さえ吹かなければ、お天気も良くて、そんなに寒くはなかったです。
また用があって都内まで行ってきましたが、ますます人影が少なくて、私も
大急ぎで帰ってきました。午後は写真の整理。やりたいことたくさんある
割には捗りません。頑張ろう私。明日はもっと暖かいって予報…まだ変わって
いないといいな。

記事の方は11/4のおさんぽの続き。雑木林のアラカシの前。

210130_arakasi1.jpg

枝に可愛いどんぐりを見つけました。







アラカシのどんぐりは横じまの殻斗。どんぐりには縦じま模様が入ることが
あるけれど、すっかり熟して茶色になるころには目立たなくなっているかも。

210130_arakasi2.jpg

葉っぱは先の方に粗いギザギザ(鋸歯)があってちょっと幅広。

210130_arakasi3.jpg

幹はなめらかで、シラカシなどと比べると枝ぶりが粗いらしいです。
シラカシは密だから生け垣などに利用されるっていうのはそういうことなの
かな?


すぐそばに立って、同じようにどんぐりを落としていたコナラの幹も載せて
みます?

210130_konara.jpg

どんぐりが落ちていて、ふと見た幹がこれだとコナラ。↑あれだと樫ですよ。




ここでも雑木林の天井では、ミズキの葉っぱがカラフルできれいでした。

210130_mizuki.jpg

上の方は、赤くなるんですよね。



今度の常緑樹はイヌツゲ。こちらも生垣によく利用される丸っこ葉っぱが
可愛らしい低木です。

210130_inutuge.jpg

この日は枝いっぱいに黒い実がついているところを撮りました。可愛いでしょ。



こちらの天井は、まだまだ緑の葉っぱが多いところ。

210130_zokibayasi1.jpg

画面上の方の太い幹はコナラです。ちょっとずつ黄色い葉っぱが出てきました。



横の方を見るとこんな感じ。

210130_zokibayasi2.jpg

落葉樹の葉は色づき方も、色づくタイミングもみんな違うんですね。



中ほどの黄色っぽく見える葉っぱは、コブシです。

210130_kobusi1.jpg

ここのコブシは色づきが早い。

見えますかねぇ。先の方が幅広目の葉っぱ。

210130_kobusi2.jpg

コブシは黄色っぽく色づく落葉樹です。


こちらはお隣のハクモクレンとサクラ。

210130_hakumoku_saku.jpg

画面下の大きな葉っぱがハクモクレン。上のちょっと赤く色づきかけているの
が、サクラです。奇麗だなぁ。





この辺で、雑木林を出て、池のほとりへ向かいます。

210130_park1.jpg

この間見た時にはもっと、葉っぱがたくさんついていたカツラの木。
これだけになっちゃっていました。


1本残しのカツラの木。

210130_katura1.jpg

寂しい?一人だけ目立ててラッキー?考え方ひとつね。



その隣のエリアには、もうちょっと残っているけどね。

210130_park2.jpg

左はメタセコイア。奥はポプラかな?右端の赤いのはミズキとサクラです。


それから対岸には、モミジバフウとメタセコイア。

210130_park3.jpg

あとでもっと近づいて撮ってきますね。



それからさらに手前にラクウショウ。

210130_rakuusho1.jpg

なんだかもこもこしています。



いけのそばにハンノキの仲間が植えられているところで、オオヤシャブシの
出来立てハンノキぼっくりと

210130_o_yashabusi1.jpg

出来立ての花の芽を見つけましたので、地味ですが載せておきます。

210130_o_yashabusi2.jpg

この後、葉っぱが落ちて観察しやすくなる予定です。



さらに池のほとりで目立っている黄色い葉っぱの木はカツラです。

210130_katura2.jpg

ずいぶん楽しませてもらったけれど、まだいけますね。ありがたいことです。

210130_katura3.jpg

黄色い葉っぱで、生乾きの落ち葉からはお砂糖を焦がしたような甘い香りが
立ち上るんですよ。素敵な木でしょう。葉っぱを落とした枝だけの姿もまた
素敵なんですけどね。



カツラの隣にもラクウショウが並んでいるところがあって、こちらの黄葉も
素敵です。手前カツラで奥がラクウショウです。

210130_rakuusho2.jpg

で、こちらはラクウショウの下。

210130_rakuusho3.jpg

さらに枝のアップ。

210130_rakuusho4.jpg

金色の木漏れ日って感じで、ぜいたくな気分になりますよ。まだあるので
あとの記事でご紹介しますね。



池のほとりで、11月になってもまだ頑張って咲いていた萩の花を撮って

210130_hagi1.jpg

夏から咲いていたけれど、秋いっぱい咲いていたんですね。

さすが秋の七草の一員だけのことはある。

210130_hagi2.jpg

今年は特に秋に冷え込みが遅かったからなぁ。
ちなみにハギは成長が早すぎるので、この後、地面の近くまで強剪定されます。
それでも毎年、人の背丈を超えるくらいに伸びて、11月に入っても花を咲かせ
るんですから、ものすごい生命力ですよ。ちょっとあやかりたいなぁ。


池のほとりでハギの花を狙っていた時に、お客さんに気づきました。

210130_aosagi1.jpg

この日、池にやってきていたのは

大柄な野鳥のアオサギさんでした。

210130_aosagi2.jpg

年に何度かは遭遇する、常連さんです。時々、池の魚を取って食べてます。
川へ行ったり、公園などの池へ行ったり。お気に入りの猟場がいくつかあって
ここもその一つなんでしょうね。ブルーグレーの羽がきれいですね。



さて、池のほとりを小戻りして、ラクウショウとメタセコイアとモミジバフウ
などの紅葉を見て回りましょう。良かったらまたお付き合いください。


posted by はもよう at 19:03| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: