2021年02月16日

唐楓、青肌、上溝桜

今日は、風がちょっと強いときもありましたが、おおむね穏やかで日差しの
暖かさが感じられる一日でした。通勤の途中で見上げる黄色いミツマタも
ピンクの河津桜もほころびだし、日に日に春めいています。

記事の方は11/15のおさんぽの続き。

210216_tokaede1.jpg

隣町の公園に着いて、まずは真っ赤なこの木に引き寄せられました。
トウカエデです。





すごいでしょう。赤いなぁ。

210216_tokaede2.jpg

トウカエデって、私に実家の近くでも街路樹として植えられているんですが、
もともと剪定で小さくされているうえに、最近は葉が散る直前に枝を落として
しまうようになって、ほとんど紅葉を見られなくなっているんですが、うちの
近所だと、見放題。ありがたいです。

210216_tokaede3.jpg

青空良く映えるわぁ。

210216_tokaede4.jpg

こんなに赤いのに、まだ下の方は緑色。
この、色々な色の葉っぱが混在するところも魅力のうち。

210216_tokaede5.jpg

枝の先から、赤、オレンジ、黄色、黄緑とグラデーションになっているんです。
素敵でしょ。

落ち葉だってこんな風にグラデーション。

210216_tokaede6.jpg

葉っぱは、子供が描いたチューリップのように 先が3つに分かれた形。
だから別名はサンカクセキ。

故郷の中国でカエデをあらわす文字は、木へんに親戚の戚のセキです。
カエデに使う木へんに風はフウという別に樹種を表す言葉なんですよね。
ほら、モミジバフウのあのフウですよ。

210216_tokaede7.jpg

外から見ると真っ赤に見えていたトウカエデも、下に潜り込んで見上げれば
まだこんなに緑色。

210216_tokaede8.jpg

もうちょっと楽しめそうですね。ああ、奇麗だな。



そばのヤマツツジも負けてないですよ。

210216_y_tutuji.jpg

半落葉のヤマツツジですが、こんなに真っ赤に紅葉しました。多分葉っぱは
散らないで、寒さを我慢しながら冬を越すはず。頑張れ。


それから、前回も取り上げたお茶の木。

210216_tya1.jpg

この日も可愛く咲いていました。

210216_tya2.jpg

しみじみ可愛い丸型です。




ここから、公園内を歩いていきます。まずは、いつもはあんまり行かない方へ。

210216_konara1.jpg

コナラの林を通って…、紅葉はまだまだ始まったばかりですねぇ。


道の先の方に黄色く輝く枝を見つけました。

210216_aohada1.jpg

近づいて何の木だか判別します。

黄色い葉っぱに赤い実。短枝の先に丸く実がついているこの特徴的な付き方は、

210216_aohada2.jpg

アオハダですね。気の早い実は、夏の終わり頃から赤くなっていたけれど、
まだ赤いんだ。

コナラの林のはずれにあったこの木もアオハダかなぁ。

210216_aohada3.jpg

この薄い黄色の葉っぱの木、たぶんアオハダです。奇麗だなぁ。



さて、その先にあったのは、アオハダよりももうちょっと赤っぽい葉っぱの
この木。

210216_uwamizu_z1.jpg

ちょっとだけ、黄色よりは薄いオレンジ色の感じ。

210216_uwamizu_z2.jpg

木の下まで行って見上げるとこう。

210216_uwamizu_z3.jpg

例年なら、このオレンジ色のところが、もっと全体に広がるはず。

それから、木の下に落ちていた葉っぱがこれ。

210216_uwamizu_z4.jpg

この木の名前はウワミズザクラ。桜の頃に白い瓶ブラシのような花を咲かせる
木です。



コナラの林を抜けた先へ…。

210216_konara2.jpg

コナラやクヌギの紅葉は、まだ、この後かなぁ。


さて、以前にもご紹介した、大きなアオハダの前までやってきました。

210216_aohada4.jpg

いやぁ、想像以上でした。大きな木の枝いっぱいに真っ赤な実。

それもこの密度で、ぎっしりです。

210216_aohada5.jpg

うわぁ、この実の付き方、すごいでしょう。



さらに進んで、今度は、園内を周回する遊歩道の端。

210216_y_touboku.jpg

最近めっきり増えた倒木を等間隔で切って、並べて有りました。
あちこちの木が吹き倒され、枝を折られていて、本当に痛々しいです。



道を渡って、また別の雑木林の中へ。

210216_hanatade.jpg

足元の草地には、たぶんハナタデの 真っ赤に紅葉した葉っぱがありました。



この記事ラストの木はこのカエデ。イロハカエデではない、園芸種の
カエデです。

210216_kaede1.jpg

確か紅葉前から赤っぽい葉っぱで、紅葉したらまた、別の赤い色に色づく木。

210216_kaede2.jpg

↑ これは左上の方に出っ張ったところの紅葉。

そして、低いところの葉っぱ。

210216_kaede3.jpg

ね、ちょっとイロハカエデよりはぽってりした感じ。5つに分かれた葉の先が
ちょっと太めな葉っぱでしょう。
なんにしても、今年はあまりきれいに撮れたカエデの写真が少ないので貴重な
一枚です。



11/15のおさんぽ、まだまだ続きます。雑木林で出会う次の木は何かな。
良かったらまたお付き合いくださいませ。



posted by はもよう at 23:02| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: