2021年02月24日

公園樹と街路樹

今日もいいお天気です。福寿草やブンゴウメの開花状況が気になって、朝から
近所の公園へお散歩に行ってきました。行ってみたら、もう、満開でしたね、
2月だけど。つくしんぼの頭が出てきたのも見つけました。今年の春は早いなぁ。
お昼近くになって風が出てきましたが、まだ、さほど冷え込んでいません。
この後から寒気が下りてくるらしいです。気を付けましょう。

記事の方は11/15の最終回。隣町から自宅のそばへ。公園周りの木々や自宅
周辺の街路樹などの紅葉具合をご紹介します。

210224_saka.jpg

まずは、「北向きの斜面」から戻ってくる坂道。






坂に面した雑木林。ウワミズザクラは奇麗に色づいたけれど、イロハカエデは
まだ途中。

210224_uwam_i_kae.jpg

この坂もイロハカエデの名所だけれど、今年は奇麗に色づいたところに行き会え
ませんでした。

そばのトゲだらけの低木はヤマウコギ。

210224_y_ukogi.jpg

手のひら型の葉っぱ(掌状葉)が可愛いでしょ。ちょこっと黄色く色づいてき
ました。ここにあったアマチャヅル。実がつくのを楽しみにしていたんだけれど、
どこかへ行っハイジョウカジョちゃった。残念。また来年、探します。



ここにもムラサキシキブが枝を伸ばしていて、

210224_m_sikibu1.jpg

可愛い紫の実がついています。

たくさん実っているのは見栄えがするけれど、

210224_m_sikibu2.jpg

ちょこっとあるのは視線が集中するせいか、かわいさ倍増し。



道に反対側、日当たりの良いところに葉っぱを伸ばしたヌルデの幼樹は

210224_nurude.jpg

とっても奇麗に紅葉していました。やっぱりお日様が大事ですよね。



坂を上り切ったら、隣町の公園の横の道。

210224_kunugi.jpg

外からも見える大きなクヌギの木。バイバイ、またね。



角を曲がって、帰り道の直線道路。道沿いにまた別の雑木林が続きます。

210224_keyaki1.jpg

ここかしこに立つ、そこそこ大きなケヤキの木。

行きにもさんざん見上げて写真を撮ったけれど、帰りもやっぱり、見上げて
写真を撮りたくなる、それは見事な紅葉です。

210224_keyaki2.jpg

黄色、黄緑、オレンジ、赤…と、色とりどりなんですよね。

210224_keyaki3.jpg

株によって黄色っぽかったり、赤っぽかったりもします。

210224_keyaki4.jpg

葉っぱが細かいから、色の変化も微妙に移り変わって、本当に奇麗。
カエデもイチョウもいいけれど、ケヤキの紅葉がが好きかもなぁ。



道ばたのフェンスにナンキンハゼの幼樹が立っていました。

210224_nan_kin_h.jpg

奇麗に並んだ葉っぱがそろって赤く色づいていてきれいでした。


来た時と同じようにエノコログサの穂が揺れる道を歩いて行って…、

210224_enokoro_g.jpg

枯れ色の草が増えましたよねぇ。

そんな中に、鮮やかな赤い草を見つけました。

210224_o_nisiki_s1.jpg

トウダイグサ科のオオニシキソウです。トウダイグサ科に見られる変わった
造り(杯状花序)のお花、

210224_o_nisiki_s2.jpg

赤くてコロンとしているのは実です。白い花びらのようなものは付属体という
そうです。実の先に残っている白っぽいかぎ状のものがめしべの柱頭。

いつもなら、他の草に先駆けて、秋の装いに変わるところが面白くて写真を
撮ったりしたんだけれど、この秋はなんだかへんてこな秋で、オオニシキソウ
のお花を見かける機会がほとんどありませんでした。今頃になっちゃったねって
思いながら撮りました。


どんどん戻ってきて、ススキの道。
                                      
210224_susuki.jpg

穂が開いてふかふかあったかそう。



ネズミモチの生け垣の前。

210224_nezumi_m.jpg

やっぱりここの実もまだ黒くななっていませんでした。ネズミモチの実って、
こんなに秋深まるまで色づかなかったかなぁ。←思い出せない



いつも歩きだしに撮るイチョウのご近所さん。

210224_ityo.jpg

ここのも立派に黄色くなってます。それでもまだ、完成じゃないの。これは
例年通り。



でもって、このケヤキは街路樹です。さっき撮って来たのより黄色みが強い。

210224_keyaki5.jpg

真ん中が茶色いのは葉っぱじゃなくて、風に散らす予定の葉っぱの付いた
タネです。まだあんなに残っていたんだなぁ。


それからこちらが、2/3の記事に載せた駅前のケヤキ。

2021/ 2/ 3付 「ヒイラギの花」 11/4撮影

210224_keyaki6.jpg

だいぶ葉っぱが散りました。



小戻りしてきて、また別の街角の木。

210224_yamabosi.jpg

たぶん、ヤマボウシです。違ったらごめんなさい。

その隣の、ニシキギかコマユミ。

210224_nisikigi1.jpg

どっちかなぁ。

210224_nisikigi2.jpg

公園の木ほどはっきりはしていないけれど、翼になろうとしているような。
翼は無いような。なかったらコマユミなんですけど、どっちでしょう。


それから、そのそばのコナラ。

210224_konara.jpg

今シーズンは、真っ赤に色づいたコナラの葉っぱにも出会えなかったなぁ。


それから、アカシデ。ここのも結構大きいです。

210224_akaside1.jpg

日当たりは申し分ないし、栄養もいきわたっているのか、隣町のより、近所の
公園のより、立派で元気。

210224_akaside2.jpg

それでもまだ、赤くなるちょっと手前の感じ。

210224_akaside3.jpg
今シーズンは秋の深まりがゆっくりだったかも。

ここのお隣の木はクロガネモチ。

210224_akaside4.jpg

赤いちっちゃな実がどっさりなります。小鳥を集めすぎちゃうので嫌がられて
うちの近所では駐車場に面した数本が伐採されました。人に近くで暮らすのは
木にとっては難しい事なのかもしれません。



次回は11/23にいつもとは反対側の隣町へカシワバハグマの綿毛を見に行った
時の写真をまた、数回にわたってみていただこうかな。良かったらまた
お付き合いくださいませ。


posted by はもよう at 22:46| Comment(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: