2021年02月26日

赤、青、黒い実

あーっ、タッチの差で日付を跨いじゃいました。2/25の日記のつもりです。

今日も良く晴れました。週の前半ほどではないけれど、風もなくて日差しの
暖かさが感じられました。通勤の途中で見上げるお庭の河津桜と梅の花が
どんどん咲き進んで、ピンク色が濃くなっていきます。ピンク色って春らしい
色だなぁなんてしみじみ思いました。


記事の方は11/23に、いつもとは反対側の隣町へカシワバハグマの綿毛を見に
行った時の写真を数回に分けてご紹介します。1回目の今日はカシワバハぐま
の群落の手前まで。

210225_yama.jpg

まずは歩きだしのお山の方。木々が色とりどりに色づいています。






山から流れでる小さな川をいくつもわたって歩いていきます。

210225_kawa1.jpg

田園地帯だった名残の残る道をてくてく。

そうそう、秋に来た時にはこのあたりでフウセンカズラのお花を見たなぁ。

210225_fuusen_k.jpg

風船のような実がすっかり茶色になっていました。

↓ カシワバハグマのお花を見に行った時の記事。

2020/12/20付 「金木犀満開と次のおさんぽ」 10/7撮影
2020/12/21付 「柏葉白熊の花」  10/7撮影

さらに進んで、紅葉の木に光が透けて奇麗でした。

210225_kouyou.jpg

何の木だったかなぁ。



次の橋から下を見てみました。

210225_kawa2.jpg

台風で荒らされちゃった跡がまだ回復していません。


よくよく探していたら、緑の草の葉が岸辺を覆っているところがありました。

210225_kawa3.jpg

何の草かなぁ。可能な限り拡大してみてみました。

210225_kawa4.jpg

白い花が咲いているのはタネツケバナとかかなぁ。丸い葉っぱはカキドオシに
似ているけれど、何の葉っぱかなぁ。近くに行ってみてみたいなぁ。



毎回見上げる大きな一本ケヤキ。

210225_keyaki.jpg

この日は葉っぱがほとんどなくなっています。風当たりが強いのかなぁ。



お茶の木の生け垣ところでお花をパチリ。

210225_tya.jpg

可愛らしく咲いています。



こちらも、通るたびに立ち止まる大きなノイバラのヤブ。

210225_kara_noi.jpg

木の上の方に、大きさの違う赤い実が見えました。

おおっ、あれはカラスウリ。

210225_karasu_u.jpg

2つ見えました。


ノイバラの実もアップにしておきます。

210225_noibara.jpg

奇麗ですね。野生のローズヒップ。



もうちょっと歩いて見上げた木には、オレンジ色の柿の実。

210225_kaki.jpg

良く熟しておいしそうだなぁ。



それから、このやぶ。どうやら誰かのお庭の名残だったらしくてただの
ヤブじゃないみたい。

210225_kae_rou.jpg

手前の赤いのは紅葉したカエデ。

210225_kaede.jpg

イロハカエデかどうか不明。

右側のちょっと黄色っぽいのは…、

210225_roubai.jpg

どうやらこれ、ロウバイのようです。黄色く色づいた葉っぱの付け根に
黄色いつぼみが見えます。これ、たぶんこの後、半透明の黄色い花が咲いて
いるはず。見に行けばよかったな。



さらに進んで、また橋を渡ったんだけれど、今回撮ったのは流れに伸ばした
クサギの枝。

210225_kusagi.jpg

まだ、青い実がついていました。さらに一段と色濃くなったかな。



目的地に近づいてきて、手前の雑木林。

210225_zokibayasi1.jpg

本当にいろんな木が生えてるなぁ。

でも目をひいたのはこの、特大のヤツデ。

210225_yatude.jpg

私の背丈なんか軽く超えて、ヤツデだけれど見上げるほどの大株です。
すごいなぁ。



でもって、手前の蛍池までやってきました。カワニナが泥に線を描いています。

210225_ike.jpg

まぁ、もう、生き物はだいぶ少なくなって静かです。また来年。



カシワバハグマがたくさん見られた場所。その上を覆う木々をちょっと見上げ
ます。

210225_zokibayasi2.jpg

暖かい日差しも木の葉にさえぎられてしまう環境。生き物が育つのに向いて
いないように思うのですが、案外、この環境を好んでここに集う生き物が
多くて面白いなぁと思います。

行く道に青い実と赤い実が落ちていました。さて…、何の実かなぁ。

210225_jano_aoha.jpg

青いのはジャノヒゲ、赤いのはアオハダ…、どうでしょう、あってるかなぁ。



目的地に入りました。この道の先です。

もとはカタクリの名所で、季節になるとボランティアさんも出てにぎわい
ますが、この日は閑散としていました。

カシワバハグマの綿毛、見られるかなl?

210225_miti.jpg

楽しみ〜、だけど、途中の道端の木々にも興味があります。


お、ここにもシロダモの赤い実がなってる。

210225_sirodamo.jpg

とか、

あれ、この葉っぱ、オトコヨウゾメじゃない?

210225_o_yozome.jpg

オトコヨウゾメだとしたら、お気に入りの観察スポットあの「北向きの斜面」
以外で初めて出会うオトコヨウゾメかも。でも、実は付いていないから、確認
できないなぁ…、とか、なかなか進みません。



ようやく、春はカタクリの葉っぱでおおわれるエリアに差し掛かっても、

210225_t_siode1.jpg

あ、この黄色いのタチシオデの葉っぱだよね。…なんて寄り道。

でもってこっちは、葉っぱが落ちて実だけが残ってる。

210225_t_siode2.jpg

え?なんで?偶然?どうしてあっちは葉っぱがついてて、こっちは実だけなの?
不思議〜。


そして、ここがそのカタクリの名所で、カシワバハグマの大群落があった場所。

210225_shamen.jpg

ただ、このあたりはまだ、ノダケの方が多いようで羽s。

210225_nodake.jpg

前回来た時も、たくさんのノダケをみましたが、たくさん咲いたお花が次々
実になっていました。次のシーズンも、たくさん咲いてくれそうです。


次回はいよいよカシワバハグマの綿毛を見て回ります。ボリュームがあるので
見ごたえがありますよ。良かったらまたお付き合いくださいませ。



posted by はもよう at 00:00| Comment(0) | 道ばたの草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: